羽生が公式練習のために会場入り 四大陸選手権

会場入りする羽生結弦(カメラ・矢口 亨)
会場入りする羽生結弦(カメラ・矢口 亨)

 フィギュアスケートの四大陸選手権は6日にソウルで開幕する。男子で五輪連覇の羽生結弦(25)=ANA=が5日、午後に行われる公式練習のために木洞アイスリンクに入った。

 今大会から2018年平昌五輪で使用したプログラムに戻し、ショートプログラム(SP)はショパンの「バラード第1番」、フリーは「SEIMEI」を演じる。

 4日に仁川国際空港に到着した際には「自分自身が一番目指しているフィギュアスケートとして出来るものが、今は『SEIMEI』と『バラード第1番』が一番かなと思ったのと、そのプログラム達とまた滑りたいなと心から思ったので。自分らしく滑れるプログラムかなと思ってやります」と話していた。

 3年ぶり出場の今大会は、過去3度いずれも2位だった。優勝ならジュニア、シニアともに主要国際大会完全制覇。男子初の“スーパースラム”がかかる。

 男子SPは7日、フリーは9日に行われる。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請