堀ちえみ「ここに立てて感無量」手術後初めて公の場で生声

スポーツ報知
ライトアップに感激の表情の堀ちえみと宮本亞門氏(左)

 昨年2月に口腔(こうくう)がん(舌がん)、4月に食道がんの手術を受けたタレントの堀ちえみ(52)が4日、都内で「ワールドキャンサーデーライトアップイベント」に出席し、手術後初めて公の場で肉声を披露した。

 「I am タレントの堀ちえみ」と自己紹介して「いつか歌を歌いたい」と今後の夢も改めて告白。その後、点灯式で辺り一面が輝くと口を手で押さえ、感激していた。演出家の宮本亞門氏(62)が「みんな一人じゃない」とスピーチすると涙。「私の命を救ってくださった皆さんありがとうございました。ここに立てて感無量です」と泣きながら話した。

 「がんは苦しいつらい病気。私も再発しないように毎日笑顔で過ごしていきたい」と笑ったが、その後、麻倉未稀(59)が「ちえみちゃんが元気に戻ってこられて、うれしくて言葉にできない」と喜ぶと、再び涙があふれた。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請