元山、山野の東北福祉大コンビ、プロへまず全国V…仙台六大学プロ注目選手

室内練習場でトス打撃をする東北福祉大・元山
室内練習場でトス打撃をする東北福祉大・元山
ブルペンで熱のこもった投球練習をする山野
ブルペンで熱のこもった投球練習をする山野
ブルペンで軽めの投球練習をする仙台大・宇田川
ブルペンで軽めの投球練習をする仙台大・宇田川

 仙台六大学野球の東北福祉大と仙台大に所属するプロ注目選手たちが、最終学年での活躍を誓った。福祉大で主将を務める元山飛優内野手(3年)=佐久長聖=と山野太一投手(3年)=高川学園=は、冬場の“変化”をプレーにつなげて成長すると決意。仙台大・宇田川優希投手(3年)=八潮南=は、まだ出場経験のない全国の舞台に立つと気合をみせた。

 この1年にこれまでのすべてをかける。ともに2年時は主力選手として全日本大学野球選手権優勝も、昨年は連覇を逃した東北福祉大の元山と山野が、大学生活最後の1年への思いを語った。主将に就任した元山は「あまり意識せず、(自分が)もっともっと練習してみんなをついてこさせるようにしたい」。山野は「去年までは津森(宥紀、現ソフトバンク)さんに頼っていた。自分がチームを引っ張っていかないといけない」と力強く語った。

 1年春からリーグ戦に出場してきた2人が、最後の1年を前に“変化”した。「(上半身と下半身の)筋肉のバランスが悪かった」という元山は、今までほとんど取り組まなかった上半身のウェートトレに着手。ジムにも通い、プロテインも摂取して改善に努めた。体重はほとんど変わらないが「体が締まった感じがするし、筋肉量が増えた」と成長を実感した。

 「3年間やってきて、1年のときとあまり変わってないなと思っていた」という山野は、ノックなど野手のメニューも組み入れ、投手とは違う体の使い方の感覚を取り入れた。返球時の腕の振りや身のこなしなどのバランスも良くなり、「大学に入って一番調子がいい」と手応え十分だ。

 チームは千葉・鴨川合宿を経て、4月の春季リーグ戦開幕に向かう。2人は3月の侍ジャパン大学代表選考合宿メンバーにも選ばれており、目標のプロ入りへ活躍したいところだが、気負いはない。「チームや自分が結果を出せれば自然と近づいていく」と山野が話せば、元山は「チーム優先に考えて自分のパフォーマンスをみせていければいい」。福祉大で日本一をつかむため、全力を尽くしていく。(有吉 広紀)

 ◆宇田川、初全国へ制球力アップ

 真のエースとなってチームを引っ張る。ここまでの3年間を振り返り「気持ちの部分は強くなったし、経験を積んで考えも変わってきた」と話した仙台大・宇田川。だがここまで全国大会出場はないだけに、目標であるプロ入りに向けても「全国でアピールしないといけない」と意気込んだ。そのために取り組んだのが、投球フォームの修正だ。

 最速152キロを誇るが、宇田川は「球の勢いにばらつきがあると感じていた」。常に威力ある球を投げられるように、冬場は投球フォームの安定を意識した。下半身主導の動きで軸足の右足内転筋を強化。ブルペンでの投げ込みでは、寒さもあり全力ではないが「(1年前と比べて)速さもキレもいいと感じている」(宇田川)と手応え十分だ。まずは4月開幕の春季リーグ戦で東北福祉大などのライバル校を抑えるため、19日からの広島・呉キャンプで腕を磨く。(有)

 ◆元山 飛優(もとやま・ひゆう)1998年12月4日、大阪・東大阪市生まれ。21歳。上小坂中では生駒ボーイズでプレー。長野・佐久長聖では1、3年夏に甲子園出場。東北福祉大では1年春に初のベンチ入り。2年春にMVPと最高打率、2、3年春に最多打点とベストナインを受賞。180センチ、76キロ。右投左打。

 ◆山野 太一(やまの・たいち)1999年3月24日、山口・防府市生まれ。20歳。高川学園中では高川学園リトルシニアでプレー。高川学園では3年夏に甲子園出場。東北福祉大では1年春からリーグ戦登板。3年秋に最優秀投手賞。リーグ戦通算19勝。170センチ、70キロ。左投左打。

 ◆宇田川 優希(うだがわ・ゆうき)1998年11月10日、埼玉・越谷市生まれ。21歳。越谷西中から八潮南に進み、仙台大では1年春からベンチ入り。リーグ戦通算7勝。184センチ、95キロ。右投右打。

室内練習場でトス打撃をする東北福祉大・元山
ブルペンで熱のこもった投球練習をする山野
ブルペンで軽めの投球練習をする仙台大・宇田川
すべての写真を見る 3枚

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請