【楽天】新加入の鈴木大地、究極の何でも屋を目指す

ロングティーをする鈴木大
ロングティーをする鈴木大

 FAで加入した楽天の鈴木大地内野手(30)は4日、ポジションと打順で全てに対応できる準備をすることを誓った。久米島キャンプは第1クールが終了。ここまで、サインプレーでは三塁と一塁に入ったが、ポジションも打順も選ばずレギュラーをつかみにいく。

 三木監督が打ち出す細かい野球。第1クールではサインの確認に多くの時間が割かれた。「細かいし難しい。ただ、これをやれるようになれば試合に出るチャンスは増える。難しいけど、分かりやすい」と前向きにとらえている。

 複雑なサインプレーを複数ポジションでとなると難易度は増すが「難しいことは理由にはならない。そんなことで自分の価値を下げたくないし、どこでもできる頭と心の準備をしていきたい」と言葉に力を込め、打順についても「どこの打順になっても、パフォーマンスを出せるようにしていきたい」と話した。

 第1クールを終え「みんないい雰囲気で野球をやってて、変に気を使うのも少なくやらせてもらっている」と笑顔を見せた背番号7。攻守にわたる万能性が、チームに多くの恩恵をもたらしていく。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請