尾上右近が2度目の現代劇に挑戦「楽しく準備したい」

舞台「この声をきみに〜もう一つの物語~」のPR会見を行った尾上右近
舞台「この声をきみに〜もう一つの物語~」のPR会見を行った尾上右近

 歌舞伎俳優の尾上右近(27)が4日、大阪市内で主演舞台「この声をきみに~もう一つの物語~」のPR会見を大阪市内で行った。俳優・竹野内豊(49)が主演を務めたNHKドラマ10のスピンオフ作品で、様々な人々が朗読教室に集まり、声で心を開放する人の交わりを描いた大人のラブストーリー。

 現代劇2作目の挑戦になる尾上は「歌舞伎は白塗りが当たり前。かつらや衣装でよろいのような感覚がありますが、現代劇は素顔、洋服で舞台に出るので精神的には裸です」と苦笑い。それでも「セリフを自分の気持ちでしゃべるのは、歌舞伎にも役立ちます」と本業への効果を口にした。また、設定が朗読教室ということもあり「あれば行ってみたい。景色が見えるような、文字の読み方を教えてもらいたい」と身を乗り出した。

 今作は尾上にあて書きされた完全オリジナル作品。「入社6年目で行き詰まり、苦しさを感じている青年。応援しようという気持ちが芽生える役になると思います」と自信をのぞかせた。公演は3月6~8日、サンケイホールブリーゼで。同12~22日まで東京・俳優座劇場で上演される。

芸能

宝塚歌劇特集

報知ブログ(最新更新分)

一覧へ
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請