坂本花織 4回転トウループ挑戦「(3回転半より)4回転の方が回りやすい」

スポーツ報知
練習する坂本花織

◆フィギュアスケート 四大陸選手権(6日、ソウル)

 女子の公式練習がサブリンクで行われた。坂本花織(19)=シスメックス=はフリー「マトリックス」の冒頭に4回転トウループを組み込んだ。2日の国体に続き、今大会でも挑戦する意向だ。この日の曲かけでは2回転になり「うまくいかんねえ」と苦笑い。曲かけ後の練習でも2回転になることが多く「あー、もう!」と悔しがった。一度、惜しい回転不足の転倒があった。

 7日のインカレ後に練習を始めた。成功はまだないが「降りたというより、回転不足で立っているっていうのはある」。3回転半(トリプルアクセル)に比べて跳びやすいという。「トリプルアクセルは体を締めてもすぐに回転スピードの限界が来る。4回転は、はまればはまるほど回ってくる。4回転の方が回りやすい」と説明した。

 連覇を狙った昨年末の全日本選手権は、フリーでミスが続き6位。悔し涙に暮れた。這い上がる過程の今を、前向きに過ごせている。「全日本が終わってから、なんか、体が楽。気持ち的なもの。今大会は優勝したい。今季表彰台に乗っていないので」と笑顔で目標を語った。

 女子ショートプログラム(SP)は6日に行われる。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請