昨ドラフト候補で和歌山東高の148キロ右腕・落合が関西独立リーグの兵庫入り「早くNPBに行けるように」

新入団選手発表会見に出席した和歌山東高の落合秀市(左から2人目
新入団選手発表会見に出席した和歌山東高の落合秀市(左から2人目

 野球の関西独立リーグ兵庫は4日、兵庫・三田市内で新入団選手のお披露目会を開き、昨秋ドラフト候補に挙がった和歌山東高の最速148キロ右腕・落合秀市(18)の入団を発表した。

 昨秋のドラフト会議で指名漏れした落合は、現役を引退する意向を示していた。その後に翻意したが、昨年11月の新入団選手発表会見は「決め切れなかった」と、欠席していた。周囲から「野球を続けないともったいない」と背中を押され「就職はいつでもできる。若いうちに野球をやっておこうかなと思った。お金を稼ぎたい。確率が高いのが野球」と、現役を続行した理由を明かした。

 社会人や大学、MLB入りも検討した上で、今秋のドラフト会議で指名されればNPB入り可能な独立リーグを選んだ。「米国はびびったので行かなかった。できるだけ早く(NPBに)行けるように」と、意気込みを示した。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請