トンプソン・ルークが近鉄アドバイザー就任「おじいちゃんだから選手は終わり。ライナーズが強くなることが一番の願い」

近鉄時代のトンプソン
近鉄時代のトンプソン

 ラグビー・トップチャレンジリーグの近鉄は3日、今季限りで現役を引退したトンプソン・ルーク氏(38)のアドバイザー就任を発表した。

 日本代表としてワールドカップ4度出場を誇るトンプソンは、近鉄でも14シーズン活動。1月19日の栗田工業戦(秩父宮)がラストマッチだった。今後はチームの強化に携わり、近鉄グループのPR活動にも貢献する。

 トンプソンは「僕にとって近鉄ライナーズは特別なチームです。近鉄ライナーズが強くなることが僕の一番の願い。14年間オンフィールドやオフフィールドを問わず選手もスタッフも家族のように接してくれました。僕はおじいちゃんだからラグビー選手は終わりで、ニュージーランドに住みますが、これからも近鉄ライナーズと近鉄グループのために協力することができてうれしいし、誇りに思います」と意気込みを語った。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請