橋本環奈、3・20巨人開幕戦始球式に登場!「とんでもない大役をいただいてしまったんです」

2日に巨人キャンプを訪問。グータッチポーズをしてくれた原監督に手を合わせお礼をする橋本環奈(カメラ・中島 傑)
2日に巨人キャンプを訪問。グータッチポーズをしてくれた原監督に手を合わせお礼をする橋本環奈(カメラ・中島 傑)

 女優の橋本環奈(21)が巨人の今季開幕戦、3月20日のDeNA戦(東京ドーム)で、始球式の大役を務めることが3日分かった。

 この日が21歳の誕生日の橋本は同日放送の日本テレビ系情報番組「ZIP!」(月~金曜・前5時50分~8時)に巨人キャンプ地の宮崎・サンマリンスタジアムから「スポーツ報知」評論家の高橋由伸さんとともに生出演。「2010年にプライベートで来て以来、11年ぶりに巨人のキャンプに来ました」と明かした橋本。「とんでもない大役をいただいてしまったんです」と始球式に登場することを発表した。

 2日に今村司球団社長から「どうですか? 投げてみますか」と直々のオファーを受けた橋本。直後には原辰徳監督に報告。「度胸を決めて!」と激励された。

 この日の生放送では高橋氏を捕手役に“予行演習”。見事、ノーバン投球を披露し、はじける笑顔を見せた。

 幼少期には宮崎キャンプを訪れるなど、筋金入りのGファンとして知られる橋本に球団が2日までにオファー。本業の女優業も絶好調と今、最も勢いに乗っている女性のパワー注入の1球から、原巨人の日本一奪回を目指すシーズンが始まる。

 2020年、連覇&日本一奪回に挑む原巨人のシーズンは、旬な女優の1球によって幕を開けることとなった。今年は東京五輪が開催され、スポーツシーンで日本中が盛り上がる1年になる。巨人も注目が集まる開幕戦での大役にふさわしい人選を慎重に検討してきた。老若男女から愛され、日本一を目指すシーズンにふさわしい勢いを持った人物は―。その中で浮上してきたのが橋本だった。

 19年、橋本は女優として大きく羽ばたく1年となった。映画作品だけでも「十二人の死にたい子どもたち」「キングダム」「かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~」などに出演を重ね、今年1月には、一年を通じて最も活躍した将来有望な新人俳優に贈られる「2020年 エランドール賞 新人賞」を受賞。20年も主演、ヒロイン作品が複数決定している。特に10、20代女性からの支持が高く、その層のファン拡大を目指している巨人にとっても、橋本を通じた発信は魅力になるだろう。

 橋本は筋金入りの巨人ファン。福岡出身ということもあり、幼少期には宮崎キャンプまで足を運んでいたという。「ZIP!」で昨年11月の金曜パーソナリティーを務めた際には、「橋本環奈のジャイアンツ愛」というコーナーを持っていた。相思相愛、運命の赤い糸が結ばれた格好だ。

 橋本は2日、「ZIP!」の取材で宮崎の巨人キャンプ地を訪れ、原監督や阿部2軍監督、岡本や菅野らを精力的に取材。スタンドの観客も色めき立つなど、注目度の高さを証明していた。

 ◆橋本 環奈(はしもと・かんな)1999年2月3日生まれ。21歳。地元・福岡を中心にタレント活動していたが、2013年に「1000年に1人」「天使すぎる」とネットで話題になり、テレビやCMなどで活躍。女優として、16年公開の「セーラー服と機関銃―卒業―」で初主演。同作の主題歌で歌手としてもデビュー。

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請