【広島】ピレラ、広角打法披露に元中日ルナみたい

ランチ特打を行うピレラ(右は松田元オーナー)(カメラ・石田 順平)
ランチ特打を行うピレラ(右は松田元オーナー)(カメラ・石田 順平)
自転車で球場に向かうピレラ(カメラ・石田 順平)
自転車で球場に向かうピレラ(カメラ・石田 順平)

 広島の新外国人、ホセ・ピレラ外野手(30)=フィリーズ=が2日、ランチ特打に臨み、広角打法を披露。視察に訪れた他球団のスコアラーに、器用なアベレージヒッターぶりを見せつけた。

 「集中すべきところは本塁打ではない」と自己分析するピレラ。この日のサク越えも70スイング中5本にとどまり、逆方向への打球を意識。ある球団のスコアラーは「打つ方向と意識をしっかり定めている賢い選手」と警戒し「ルナに見える」と中日などで13年からの4年間で通算打率3割9厘の数字を残した巧打者になぞらえた。ただ、パドレス時代の17年に83試合で10本塁打したパンチ力も侮れず、同スコアラーは「20本くらい打つ能力はあるかもしれない」と眉をひそめた。

 迎打撃コーチが「スイングに力強さがあり、これから楽しみ」と期待すれば、佐々岡監督も「考えながら打っている」と感心。チームスタッフに日々「私はチャンピオンになりたいんだ」と訴える真面目助っ人が新生カープのキーマンになる。(坂口 愛澄)

ランチ特打を行うピレラ(右は松田元オーナー)(カメラ・石田 順平)
自転車で球場に向かうピレラ(カメラ・石田 順平)
すべての写真を見る 2枚

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請