マラソン日本学生歴代2位の青学大・吉田祐也に原監督のご褒美は大分ふぐ料理

青学大・原監督(左)は吉田祐也を大分ふぐ料理で慰労
青学大・原監督(左)は吉田祐也を大分ふぐ料理で慰労

◇別府大分毎日マラソン (2日、大分市高崎山うみたまご前スタート~大分市営陸上競技場ゴール=42・195キロ)

 青学大の吉田祐也(4年)が2時間8分30秒で日本人トップの3位と大健闘した。2003年びわ湖で中大の藤原正和(現監督)がマークした2時間8分12秒の初マラソン日本記録&日本学生マラソン記録には18秒、距離にして100メートル届かなかったが、いずれも歴代2位の好記録。テレビ解説者として吉田の快走を現地で見守った青学大の原晋監督(52)は「日本学生記録を狙える力があると思っていたが、それにしてもよく走った」とたたえた。卒業後の進路については「競技を続けてほしいね」と期待を込めて話した。大分市内のホテルで行われた表彰式に一緒に出席した後、慰労と進路相談を兼ねて夕食へ。豊後水道の荒波にもまれ、身が引き締まった大分ふぐ料理を堪能した。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請