【井上咲楽の本音】成人式で再会したのは…元カレと東大生

井上咲楽
井上咲楽

 気が付けば2月ですが、1月最大の思い出と言えば、やっぱり成人式です。20歳、一生に一度のイベントですからね~。地元の栃木県益子町で中学校の同級生と一緒にお祝いをしたんですけど、最大の事件は…フラれた元カレと再会したことです。

 中2の時に付き合い始めたのですが、すごいシャイな人で、9割冷たくて1割優しい的なキャラなんです。電話を2時間しても1時間半以上は私がしゃべり、メールの返信は絵文字ひとつなし。会ってもいつも無関心な感じが…逆に好きだったりもしました。で、高校で別々になって会う時間が減って「会いたい会いたい!」って、しつこくしてたら高1の夏にフラれちゃいました。

 あれから5年。成人式の後の同窓会で「咲楽~、一緒に写真撮ろ~、2次会も行こうよ~」って。そんなキャラじゃなかったのでビックリで。時の移ろいを感じつつ、2次会も出れば良かった~なんて激しく後悔している私です。

 同級生男子には、中学時代から「僕は東大に行って司馬遼太郎のような作家になるんだ」と宣言して本当に東大生になった逸材もいます。趣味は座禅と仏像鑑賞、バイトは襖(ふすま)張り、関心事はシルクロード…。正倉院展に誘ったこともあるんですけど、彼は全く変わってなくて、むしろカッコイイと思いました。

 そんな淡い成人式を終えて、東京に戻ってから見た映画が衝撃的でした。東海テレビのスタッフさんが局内の内幕を描いた「さよならテレビ」です。登場する局員さんたちの葛藤には、テレビに出させていただいてる身として考えさせられ、思いを重ね合わせました。

 オススメしつつ…私ももう1回見たい! 一緒に行くなら元カレと…じゃないなあ。東大生と見たらいろいろ議論できそうですね~。(タレント)

 ◆井上 咲楽(いのうえ・さくら)1999年10月2日、栃木県益子町生まれ。20歳。2015年、ホリプロタレントスカウトキャラバンで特別賞を受賞してデビュー。日課は政治記事スクラップ。昨年の参院選、埼玉県知事選では本紙に連日登場した。

社会

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請