馬トク会員募集中!

馬トク指数・外厩入り馬トク出馬表・成績

注目レース:  中山記念G2 阪急杯・G3
全レース出馬表・データ・成績を提供中  中山 阪神 中京

今年の牝馬戦線(栗東)

 こんにちは、山本です。今日は金曜恒例、梅田の会社からのパッチパチ。ではでは、行ってみましょうか。

 さて、つい先日のこと。学生(大学)時代の友人、Yクンと久々に三宮(神戸の繁華街)で飲み会を行いました。数か月ぶりだと思っていたが、1年近く会っていないというからビックリ。まぁ、大学時代の友人で最も会っている友人でさえ、このペースなんですから、疎遠になっているも多いものです(すべてワタクシが悪い)。まぁ、20年近く前の学生時代は彼女が云々とか、昨日も〇〇で遊んでて…、とか夜通し話していたはずですが、今や両親の健康問題や友人たちの近況などを日が変わる直後ぐらいまで話して、最終電車で引き揚げる健全な飲み会。カレは公務員ですし、翌日も仕事がありますからね。

 そんなカレと「同窓会でもやったらどんなもんかな」という話になったんです。ぶっちゃけ、大学時代の友人で卒業後に飲み会などで会っているのは10~15人ほど。すっかり、ご無沙汰している人が非常に多いのです。大ざっぱなワタクシと違い、マメなYクンはこまめに連絡を取ったりしているらしい。開催は可能なはずなんですが、二人で話したのが「イッキに老け込んだりした友人がいたら、落ち込むよなぁ」ということ。我々の仲間うちは幸いにも外見上、大きな変貌を遂げた人間はいない(はずな)んですが、まぁ、40代なかばに差しかかろうとする方々ばかり。「誰やったっけ?」と思う人もいるでしょう。「思い出は美しいままにしとこか」ということで話は終了。同窓会、やるならワタクシも老けてるであろう10年後あたりが理想かな。

 ということで、そろそろ本題へ。今日も明日の競馬を中心に見ていきましょう。

 明日は京都10RでエルフィンSが行われます。正直、例年よりは手薄かなという印象もありますが、ここの勝ち方次第で注目を集めるだろうなと思う血統馬が2頭。石坂正厩舎でシンハライトの下にあたる【ライティア(牝、父ディープインパクト)】と、須貝厩舎でサートゥルナーリア、エピファネイア、リオンディーズの下になる母シーザリオの【ファーストフォリオ(牝、父キングカメハメハ)】です。このファーストフォリオ、デビュー前の取材の段階では正直、ピンとこなかったんですよ。けど、実戦タイプでしたね。今回はマイルへの距離延長になりますが、「初戦のジョッキー(マーフィー)がもっと距離があった方がいいと話していたし、マイルは合うんじゃないか。新馬は着差以上の強さだった」と須貝調教師。試金石となる2戦目で、どんな走りをするかですね。

 取材の感触、という点で2頭取り上げておきましょう。まずは杉山晴厩舎の【デアリングタクト(牝、父エピファネイア)】。新馬は直線での伸び脚が目を引きました。「デビュー時よりは調教で動けていますね。初戦はスローからの上がり勝負だったので、道中が流れた時の対応がどうかだと思います」とトレーナーは話していました。あとは角居厩舎の【ヴィースバーデン(牝、父ディープインパクト)】。この馬、前走は中間に熱発があって、和田Jも慎重なトーンだったのですが、「今回は順調。追い切りは悪くなかった。何とかしたいね」と十分な手応えを感じているようでした。

 牝馬戦線といえば、阪神JFで1番人気を集めた【リアアメリア(牝、父ディープインパクト)】が桜花賞への直行を表明。となると、やはり2歳女王の【レシステンシア(牝、父ダイワメジャー)】と阪神JF3着の【クラヴァシュドール(牝、父ハーツクライ)】、4着の【ウーマンズハート(牝、父ハーツクライ)】が集まるチューリップ賞が大きなポイントになってくるでしょうね。で、新興勢力候補としては先週の京都で未勝利を勝った【ヒメノカリス(牝、父ディープインパクト)】。この馬、本当に強かった。「着差通りの内容だったと思います」と振り返った川田Jがほぼ追うことなく、3馬身半差ですからね。池江調教師は「(放牧先のノーザンファーム)しがらきで立ち上げてから、今後については考えると思いますが、来週中には決まるんじゃないかな」と話していました。厩舎にとっても、G1・2勝のアルアインの全妹という、ゆかりの血統馬。次はトライアルなのか、自己条件なのか。注目したいところです。

 小倉では10Rでかささぎ賞が行われます。こちらは6ハロン戦ということで、勝った馬はファルコンSあたりを狙うことになるんでしょうかね。今は中竹厩舎の【ビアンフェ(牡、父キズナ)】、斉藤崇厩舎の【トリプルエース(牡、父Shamardal)】あたりが出走を予定していますね。ここには高橋忠厩舎の【カイルアコナ(牝、父キンシャサノキセキ)】が出走します。相変わらず、攻め馬ではいい動きをしているんですが、中間、外傷で少しだけ休んだ時期があったようです。「馬自体はよくなっています。ただ、まだトモがパンとしていない馬。今の馬場が合うかだと思います」と高橋忠調教師は冷静に分析していました。

 ということで、ネット限定「厳選馬」をどうぞ。

小倉5R・1サトノインプレッサ(前走は大幅馬体増でも接戦の2着。上積み大きく、相手もくみしやすくなった今回は決める)

 続いては馬券王への道 延長戦でございます。

京都5R・10ダンツシルビア(距離延長は追い風か。追って味のあるタイプで、外回りへの投入は魅力)

京都11R・14サンデーウィザード(相手が強力なのは百も承知だが、続けて使える上積みは大。自分の競馬に徹して)

東京4R・9メイショウユリシス(「前走は仕上がり途上」と喜多助手。ベストと言える距離で前進は必至か)

東京11R・2トーセンブレス(スロー必至だが、枠なりに中団あたりにつけてほしい。末脚比べなら、ヒケは取らない)

 今日はここまで、また明日です。ではでは

競馬

報知ブログ(最新更新分)

一覧へ
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請