【浦和】宇賀神のレッズランドなど復興計画、クラファンで1000万円突破

宇賀神のクラウドファンディングは1000万円を突破した
宇賀神のクラウドファンディングは1000万円を突破した

 浦和のMF宇賀神友弥(31)が昨年の台風19号により豪雨で水没したレッズランドなどのサッカー場を復活させるためのクラウドファンディングによる復興支援プロジェクト「きみのて」が31日で締め切られ、538人の支援者で、計1052万6000円が集まった。

 昨年10月に発生した台風19号による記録的豪雨で荒川が氾濫し、自身が浦和ジュニアユース時代を過ごした「レッズランド」(さいたま市)や、出身地の戸田市にある「彩湖・道満グリーンパーク」が水没。使用できなくなったサッカー場の芝生などを修復する費用を集めるため、宇賀神が中心となって、活動に賛同する浦和ユース出身の現役Jリーガーや、浦和の選手とともに復興支援プロジェクトを創設していた。

 クラウドファンディングサイトの「READY FOR」で一口3000円の支援を呼びかけ、スタート。5000円以上で賛同するJリーガーの愛用品や、サイン入りグッズなどが返礼品として用意された。第一目標は300万円を設定していたが、すぐに突破し、1000万円となり、それも最終的には突破。宇賀神は「この高い目標を達成できるとは思っていませんでしたがたくさんの人の温かい気持ちに助けられて達成できたことをほんとに感謝しています」と自身の公式ブログで感謝の気持ちを表した。

 集まった金額で、宇賀神にとってもなじみ深いピッチが復元されることになる。

 ◆プロジェクトに賛同した主なJリーガー

 宇賀神友弥、橋岡大樹、荻原拓也、関根貴大(ともに浦和)、小池純輝(東京V)、山田直輝、岡本拓也(ともに湘南)、加藤順大(京都)、矢島慎也(G大阪)、堤俊輔(鹿児島)、エスクデロ競飛王(栃木)

サッカー

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請