【金沢】GK上田樹、ツエーゲンの“大樹”へ3つの夢…クラブ2人目、U18から昇格

ハイボールへの対応力、パントキックの精度の高さを武器とする上田
ハイボールへの対応力、パントキックの精度の高さを武器とする上田
今季の目標に「試合に出る」と記した上田
今季の目標に「試合に出る」と記した上田

 J2ツエーゲン金沢は、2月23日の開幕戦となる敵地・岡山戦(午後2時、Cスタ)に向け、宮崎市で2次キャンプ中。金沢U―18から昇格した石川・内灘町出身のGK上田樹(18)=金沢U―18=はクラブ史上2人目の下部組織からのトップ昇格となった期待の新人。金沢で実力を磨き、日本代表の不動の守護神になるという大きな夢に近づいていく。

 故郷のJクラブでプロになった喜び、期待をひしひしと感じつつ、「石川県の子どもたちの目標になれるような選手になりたい」と表情を引き締める。

 188センチ、77キロの体格を生かしたハイボールへの対応力の高さや、パントキックの精度が武器だ。2018年から2種登録され、キャンプへの参加は3度目。「毎年きつくて全然走れなかったが、今年は自分なりに準備して臨んでいる」と、プロの自覚も芽生えた。

 友人の誘いで小4のときに競技を始め、以来GK一筋。サッカーを本格的に始める前は乗馬と空手を習っていた。空手は「サッカーが忙しくなって黒帯のひとつ手前でやめた」と有段者ではないが、4~5年の経験があり「形、組手の両方をやっていた。成績も良くて、飛び級もした」という腕前。乗馬は大会に出たことはないが、2年ほど習った。「(乗馬で)体幹が鍛えられた。肩周りが柔らかくて、それは空手のおかげかな」。他競技の経験もGKに生かしている。

 ツエーゲンにはU―15から所属。「小学生のときに初めて(トップの)試合を見に行って、かっこよかった。衝撃を受けた。プロへの近道は地元のクラブに入ることだと思った」と門をたたいた。それだけに「地元に恩返ししたい」と石川県への思いは人一倍強い。

 年代別日本代表経験もある。昨年の代表合宿時には、日本協会ナショナルトレセンGKコーチを務める川口能活氏(44)からも指導を受けた。大舞台での精神面の質問をしたところ「自分のやって来たことを信じれば緊張しない」と助言された。「自分がミスしたら…というのを全く考えていない。すごいメンタルだと思った」と上田。元日本代表の名GKの金言も胸に刻み、自らの血肉としている。

 将来は「ツエーゲンでJ1に昇格して、A代表で試合に出続けたい」と不動の代表守護神となるのが目標だ。壮大な夢をかなえるため、まずは金沢で確かな第一歩を記す。(三須 慶太)

 ◆上田 樹(うえだ・いつき) 2001年6月28日、石川・内灘町生まれ。18歳。小4から本格的に競技を始める。内灘SSSから金沢U―15、同U―18。18年からはJリーグ公式戦出場可能な2種登録に。18年にU―17日本代表選出。19年にもU―18日本代表候補合宿に参加した。趣味はゲーム。サッカー以外ではバレーボールが得意。利き足は右。188センチ、77キロ。家族は両親と弟。

ハイボールへの対応力、パントキックの精度の高さを武器とする上田
今季の目標に「試合に出る」と記した上田
すべての写真を見る 2枚

サッカー

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請