日本ハム担当記者がキャンプ地、沖縄・名護の魅力を紹介!

タピックスタジアム名護(名護市営球場)
タピックスタジアム名護(名護市営球場)

 日本ハムは1日から5年ぶりに1、2軍ともに沖縄県内でキャンプインした。1軍がキャンプ地とする名護市は、1979年に日本ハムが他球団に先駆けて初めて沖縄で春季キャンプをスタートさせた歴史のある土地だ。

 現地を訪れる日本ハムファンの方にも、名護の魅力を知ってもらいたい―。そんな思いで「名護のインディージョーンズ」こと、名護市文化材保存調査委員会の岸本林委員長に話を伺うと、「日本ハムの応援に来たからには、歴史、自然、文化、食などの魅力にも触れてほしいです」とのこと。岸本さんの説明を交えながら、“名護のトリセツ”を紹介する。

 【名護市とは】

 名護市は1970年に名護町、羽地村、久志村、屋部村、屋我地村の5町村が合併して誕生した。那覇空港からは車で一般道では約2時間15分、高速道路を利用した場合には約1時間30分ほど。沖縄県内で唯一、太平洋、東シナ海、羽地内海の3つの海に囲まれている。市の木は「ガジュマル」。

 【名護の食】

 〈1〉沖縄ソバ 沖縄では「スバ」と発音されることもある。「かつては50メートルごとにソバ屋がある」と言われたほどの激戦区だそう。岸本さんは「名護には多くのソバ屋がありますが、基本的にはどこもおいしく、ハズレはない。自分の好みに合う味を探してもらいたいです」。各店ごとにこだわりや個性があり、味比べしてみるのも楽しそう。

 〈2〉イルカ料理 名護では昔からイルカを食べる風習があり、現地では「ヒートゥ」と呼ばれている。現在は名護でも流通量は少ないとのこと。記者もまだ口にしたことはないが、一度は食べてみたいと検討中。

 〈3〉ヤギ料理 沖縄県内ではポピュラーな食材で「ヒージャー」と呼ばれている。刺し身やヤギ汁(ヒージャー汁)などの料理があり、栄養価も高い。岸本さんは「(ヤギ汁は)味は店によって濃かったり、薄かったりと個性がある。刺し身もおいしいですよ」。

 【景観、天然記念物、文化材など】

 名護には国、県、市の指定文化財が85ある。

 〈1〉海 先述の通り、名護は太平洋、東シナ海、羽地内海に面している。特に名護湾に沈む夕日は美しく、改修工事が行われたタピックスタジアム名護(名護市営球場)の中堅後方には海と空の美しいコントラストが広がっているおり、必見。

 〈2〉ガジュマル 市の木で、町中の各所に自生しているが、大東区にある「ひんぷんガジュマル」は樹高19メートル、樹冠の広がりは最大で直径30メートルほどある巨木。樹齢300年以上とされる国の天然記念物。名護市のシンボル的な存在で、木の上には沖縄の伝説上の生物であるキジムナー」が住むとされる。道路のど真ん中に「ドーン」と立派に生える姿には、きっと驚くはず。

 〈3〉酒造所 泡盛は沖縄の特産品で、名護には津嘉山酒造、ヘリオス酒造、羽地には龍泉酒造の3つがある。津嘉山酒造は、戦前の酒造所の雰囲気を色濃く残しており、国の指定重要文化財となっている。各酒造所の銘柄ごとに味や風味が異なり、岸本さんは「おのおのに個性があって、一度飲んだら忘れないファンになる味ですよ」。

 【日本ハムファンへおすすめしたいスポット】

 〈1〉カフェ「ヴィーナス」 球団公認の「名護ファイターズクラブ後援会」副会長を務める宮城リーミさんがオーナー。店内の壁いっぱいに日本ハムナインのサインやグッズが飾られている。野球解説者の岩本勉氏や森本稀哲氏など球団OBが来店することもあるとか。宮城さんは「選手たちのおもしろい話や、どんな人なのか、などの話でぜひ盛り上がりましょう。笑える話をたくさん用意しています!」とファンの来店を心待ちにしている。

 〈2〉スナック喫茶「ドン・キホーテ」 かつて日本ハムのチーム宿舎として利用されていたホテル「オークラ」に勤務していた津波勝代さんが経営。1981年に史上3人目のシーズン無敗を記録した間柴茂有さんや、島田誠さんらが現役時に来店していたといい、「当時は選手も名護の町に溶け込んでいました」とのこと。当時の懐かしい話だけでなく、運が良ければ津波さんの琉球琴の演奏も聞けるかも。

 取材を進める中で、今回の記事だけでは紹介しきれないほど数多くの魅力が名護にはあることが分かった。岸本さんが「名護に縁を作れる人は、前世で良いことをした人です。名護病にかかってしまう(ハマってしまう)と抜け出せませんよ」と笑う顔はなんともうれしそうだった。球春を迎えた名護にいらっしゃる方は、野球とともにぜひその魅力に触れてみてください。(日本ハム担当・小島 和之)

コラムでHo!とは?
 スポーツ報知のwebサイト限定コラムです。最前線で取材する記者が、紙面では書き切れなかった裏話や、今話題となっている旬な出来事を深く掘り下げてお届けします。皆さんを「ほーっ!」とうならせるようなコラムを目指して日々配信しますので、どうぞお楽しみください。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請