同大ラグビー部の萩井監督が退任 伊藤バックスコーチが新監督へ

 ラグビー大学日本一4度、関西大学Aリーグ優勝48度の同志社大は、3季務めた萩井好次監督(44)が退任し、後任にOBで元神戸製鋼FBの伊藤紀晶バックスコーチ(49)の昇格が有力であることが31日、関係者の話で分かった。伊藤氏には5季ぶりのリーグV奪回や、元日本代表の大八木淳史氏、故・平尾誠二氏らを擁した82~84年度の全国大学選手権3連覇を最後に日本一から35季遠ざかる名門再建の期待がかかる。

 伊藤氏は大阪工大高(現常翔学園)3年時の88年度に主将で花園優勝。同大で92年度に主将を務め、当時低迷していたチームを関西リーグ全勝Vに導いた。神戸製鋼では93、94年度の日本選手権6、7連覇に貢献。引退後は社業の傍ら同大コーチとして母校の指導に当たっていた。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請