【横浜M】3冠男・FW仲川輝人、新たなゴールパフォーマンス募集「23にちなんだ何かを」

新ゴールパフォーマンス候補の「2、3ダ―」ポーズをする横浜M・仲川
新ゴールパフォーマンス候補の「2、3ダ―」ポーズをする横浜M・仲川
別の候補となる日産車での?ハンドルを握るポーズを見せる
別の候補となる日産車での?ハンドルを握るポーズを見せる

 昨季のJ1王者の横浜Mが31日、宮崎キャンプを打ち上げた。今季初公式戦となるゼロックス・スーパー杯の神戸戦(8日・埼玉)を控え、日本代表FW仲川輝人(27)が、スポーツ報知のインタビューに応じ、史上初の2年連続MVP獲得を宣言。自身の背番号「23」にちなんだ新ゴールパフォーマンスを募集することも明かした。(取材・構成=田中 雄己)

 ―昨季は15得点9アシストで優勝に貢献。歓喜の瞬間に発した言葉は「良かった。苦しかった」だった。

 「勝てば首位になれる試合や数的不利のチームに逆転されたり、勝負弱いところがあった。苦しんだからこそ成長できた。優勝したからこそ心からそう思えた」

 ―MVP、得点王、ベストイレブン。まさに主役。

 「自分の中では何も変わっていないが、周りからの見られ方は変わったと思う。キャンプの練習試合で1対1の場面でもすぐにマークが増える。それを逆手に取りたいし、去年同様、左足の精度をもっと高めたい」

 ―12月にはE―1選手権で初めて代表に選ばれた。

 「国を背負い、その中で結果を出さなければいけない重圧。代表に選ばれる選手は、数えるほどしかいない。その中で10番を背負わせてもらって。試合前、ロッカールームに畳まれたユニホームは思わず写メを撮りました(笑い)」

 ―クラブの10番も空いている。

 「マリノスの23番を、10番以上の価値にしたい。23点以上取って単独での得点王。そうすれば、2年連続MVPは現実的になるし、アシストも2ケタに乗せたい。チームが目標とする『全タイトル制覇』の手助けをしたい」

 ―昨季はマルコスとのドラゴンボールパフォーマンスも話題に。

 「マルコスに自分が便乗していたけど、今季は新しいものを考えていて。(人さし指を天に掲げる)パフォーマンスは変えないけど、『23』にちなんだ何かを。(親会社の)日産かな? (1)2、3ダーっていうのも盛り上がりそう。どうでしょうか。サポーターの皆さま、良い案ありましたらぜひ教えてください(笑い)」

 ―得点後も目が離せません。ちなみに髪の色は?

 「近々変えます。ホワイトにしようかなって。(髪への)ダメージ? いいんです。どうせ禿(は)げる家系だから、もうそこはいいんです…」

 主なゴールパフォーマンス

 ▽仲川輝人(横浜M) 両指を天に掲げるポーズ、同僚のマルコスと共にドラゴンボールのかめはめ波や魔貫光(まかんこう)殺砲、(19年5月3日の広島戦でJ1令和1号をゲットし)「令」ポーズ

 ▽三浦知良(横浜C) ブラジルのサンバをヒントに構成。腰を前後させ、細かいステップを踏むカズダンス

 ▽槙野智章(浦和) 広島に在籍した10年に、1人の選手がボールを転がすポーズをし、ピン役になった選手たちが次々と倒れるボウリングパフォーマンス

 ▽ビスマルク V川崎(現・東京V)時代に神に祈りをささげる意味を込め、ひざまずき眉間を指でつまむ

 ▽C・ロナウド(ユベントス) 跳び上がった後に、両手を大きく広げる

 ▽バロテッリ(ブレシア) ユニホームを脱ぎ上半身裸で筋肉を誇示

 ▽浅野拓磨(パルチザン) 両手を前に出してツメを立てる“ジャガーポーズ”。広島時代に「石原(直樹、現仙台)がピューマなら、浅野はジャガー」と言われたことに由来

 ▽パトリック(G大阪) 機関銃を打つしぐさがおなじみ

 ◆仲川 輝人(なかがわ・てるひと)1992年7月27日、川崎市生まれ。27歳。川崎の下部組織、専大を経て、2015年に横浜M入り。16年9月にJ2町田に期限付き移籍し、17年7月にJ2福岡に期限付き移籍。18年に横浜Mへ復帰。19年12月には日本代表初選出。J1通算63試合24得点、J2通算30試合3得点。161センチ、57キロ。

新ゴールパフォーマンス候補の「2、3ダ―」ポーズをする横浜M・仲川
別の候補となる日産車での?ハンドルを握るポーズを見せる
すべての写真を見る 2枚

サッカー

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請