瀬古リーダー「プレート3枚の厚底シューズはやりすぎじゃないか。私なら2時間3分台」

瀬古利彦リーダー
瀬古利彦リーダー

 日本陸連長距離・マラソン強化戦略プロジェクトの瀬古利彦リーダー(63)=DeNAエグゼクティブアドバイザー=は30日、埼玉・川口市内で講演を行い、マラソンなどで使用者の好記録が相次ぎ、一時は規制される可能性も報道されたナイキの厚底シューズついて私見を明かした。「私も履いたが、プレートでブァーンと跳ねる。新モデルはさらにプレートが3枚も入っているらしい。これはやりすぎじゃないか。(現役時代の)瀬古さんなら2時間3分台が行けますよ」と自らに敬称をつけて冗談交じりに話した。

 マラソン日本記録(2時間5分50秒)保持者の大迫傑(28)=ナイキ=、前日本記録(2時間6分11秒)保持者の設楽悠太(28)=ホンダ=、日本歴代5位(2時間6分54秒)の井上大仁(27)=MHPS=ら有力選手がそろう東京マラソン(3月)についても言及。「私が一番期待しているのは井上君です。大迫君、設楽君は厚底を履いて出した記録ですが、井上君が2時間6分台を出した時は厚底を履いていない。その井上君は今は厚底を履いています。私はマラソンで1分半くらい速くなると思う。井上君の記録から1分半を引くと、どうなるか、お分かりですよね」と約500人の観衆に笑顔で呼びかけた。

 現行のナイキ厚底シューズズームXヴェイパーフライネクスト%」について、英紙ガーディアンは29日、世界陸連が全面的な禁止を見送る方針だと伝えた。東京五輪が終わるまではシューズの新技術導入を認めないことや実態調査を開始することなどを31日に発表するという。発売済みのシューズは違反とせず、反発性を高めるためのカーボンプレートなども規制しない見通しという。ただ、昨年10月にフルマラソン1時間59分40秒(非公認)をマークした際にE・キプチョゲ(ケニア)が履いた超厚底シューズ、通称「アルファフライ」をはじめ、各社から一部選手に提供されているプロトタイプの扱いは不透明となっている。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請