【侍ジャパン】映画「侍の名のもとに」完成披露試写会 稲葉監督のイチ押しシーンは大竹寛と山口俊

稲葉篤紀監督
稲葉篤紀監督

 野球日本代表「侍ジャパン」の完全密着ドキュメンタリー映画「侍の名のもとに~野球日本代表 侍ジャパンの800日~」の完成披露試写会が30日、都内で開かれ、稲葉篤紀監督(47)が舞台あいさつを行った。

 17年の稲葉監督就任から昨年11月の世界大会「プレミア12」優勝までのチームに専属カメラが密着。稲葉監督を始め、代表選手が見せる素顔や苦悩を映し出すドキュメンタリー映画となっている。

 映画を見た指揮官はイチ押しのシーンを問われ、「ブルペンですね」と即答。プレミア12でブルペンにコーチが不在の中、投手陣をまとめた巨人のベテラン右腕に感動したという。「(大竹)寛ちゃんがまとめてくれた。決勝で点をとった時のブルペンの喜びを見て、ブルペンも一緒に戦ってくれたんだなとジーンと来ました」。ベンチに陣取る監督からは普段は知ることのできないブルペンの様子に、改めて一体感の強さを感じたという。

 もう一つ、感動した場面に挙げたのが、プレミア12決勝での山口俊の言葉だ。決勝で3失点KOとなったが、チームは山田哲の逆転3ランで優勝した。「俊が哲人に“ありがとう”と。俊も一生懸命やった結果だけど、ああいう言葉が自然と出てきて、いいチームになった、と感動しました」と指揮官は実感を込めた。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請