【DeNA】オースティンが“乱闘注意報”を発令…5試合出場停止処分の過去も

入団会見を行ったDeNA・オースティン(右)とピープルズ
入団会見を行ったDeNA・オースティン(右)とピープルズ

 DeNAの新外国人タイラー・オースティン内野手(28)=ブルワーズ=と、マイケル・ピープルズ投手(28)=インディアンズ傘下3Aコロンバス=が29日、横浜市内の球団事務所で入団会見を開いた。メジャー4年間で33本塁打の長打力が持ち味でポスト筒香の期待がかかるオースティンは“乱闘注意報”を発令した。

 「チームの勝利に貢献するということが一番大事」と何度も繰り返し、フォアザチームを強調した背番号23。ヤンキース時代の18年4月には、Rソックス戦で死球を受けて乱闘を起こした、やんちゃな一面も持つ。5試合出場停止処分を食らった過去があり「そういった話は控えたい」と前置きしながらも「自分の性格的に、闘争心が強い。試合は情熱を持ってプレーしているので、そういう部分がたまに出てしまうこともある」と、不敵に笑った。

 ロペス、ソト、エスコバー、パットンらとの外国人枠(4枠)の競争も激しいが「ポジションを奪うためにキャンプから頑張っていきたい」と意欲的だった。(安藤 宏太)

 ◆ピープルズ、牛タン「おいしい」

 先発候補として期待されるピープルズは、日本球界について「グラウンドの外で問題を起こさない。プレー以外のプライベートでもリスペクトがある」と珍しい印象を口にした。来日から数日ながら、すでに日本はお気に入り。米国ではあまりなじみのない焼き肉のタンも「おいしかった」といい、観光にも興味を示し「ぜひ、富士山に行ってみたい」と心を躍らせていた。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請