演歌界期待の新人・青山新に大先輩の山本譲二がアドバイス「俺よりうまく歌ってはダメ」

お披露目会に出席した青山新(右)と山本譲二
お披露目会に出席した青山新(右)と山本譲二

 テイチクエンタテインメント創立85周年、芸能事務所・「芸映」創立60周年を記念した新人演歌歌手・青山新(19)が29日、東京・青山アイビーホールでお披露目会を行った。

 詰めかけた関係者や報道陣約200人を前に「こんなにカメラがいるとスターになったんじゃないかと勘違いしてしまう」と緊張しながらも笑顔。「祖母がカラオケが好きなことが演歌を始めたきっかけ」という青山は、2月5日リリースのデビュー曲「仕方ないのさ」を歌い上げ「気持ちよく歌うことができました」と胸を張った。

 歌手・氷川きよしの“生みの親”である水森英夫氏の元で5年前から修行。「やっとデビューにたどり着けました。気合入れて、すごいヤツが出たと思われるように、大切に一曲一曲歌っていきたい」と意気込んだ。今後の目標に関しては「地元の浦安でソロコンサートがしたい。ゆくゆくは、NHK紅白歌合戦に出場できるようにがんばります」と活躍を誓った。

 デビューを祝い、歌手の大先輩・山本譲二(69)が駆けつけた。45年前の自身のデビューを思い出し、「あの頃に比べると、(青山は)恵まれている。ただ、恵まれているだけではダメ。チャンスを生かしていかないと。一回だけの人生、思いっきり生きて、思いっきり歌って欲しい。大腸にも気を付けてね」とアドバイス。山本の持ち歌「みちのくひとり旅」を歌った後輩の歌唱力に関しては、「とてもさわやかで歌いっぷりがいい。ただ、俺よりうまく歌っちゃダメだ」と褒めつつ笑わせた。

芸能

宝塚歌劇特集

報知ブログ(最新更新分)

一覧へ
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請