【ヤクルト】ドラ1・奥川、新人合同自主トレ打ち上げ「自分の身になることばかり。充実していました」

ボールは使用しないが、グラブをはめてフォームの確認をする奥川
ボールは使用しないが、グラブをはめてフォームの確認をする奥川

 ヤクルトのドラフト1位、奥川恭伸投手(18)=星稜高=が29日、戸田での新人合同自主トレを打ち上げた。「いろいろなことをやりましたが、自分でも身になることばかり。充実していました」と振り返った。

 期間中の16日に右肘の軽い炎症のためノースロー調整となり、最終日のこの日も他の投手陣とは別メニューでトレーニングに時間を割いた。それでも「焦らないことが大切だと思うので、(2軍の宮崎・西都キャンプでも)焦らずにやっていきたい」と話した。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請