スワーヴリチャード引退…種牡馬入り 18年大阪杯、19年ジャパンC制覇

スポーツ報知
マーフィーを背に昨年のジャパンCを制したスワーヴリチャード

 18年の大阪杯、19年のジャパンCを制したスワーヴリチャード(牡6歳、栗東・庄野厩舎)が引退し、北海道安平町の社台スタリオンステーションで種牡馬入りすることを28日、庄野調教師が発表した。29日付で競走馬登録を抹消される。

 昨年の有馬記念(12着)が最後のレースとなった。庄野調教師は「有馬では残り800メートルでマーフィー騎手が歩様に違和感を覚え、無理をせず流す形でゴールしました。レース後、2週間ほどしてから右飛節後腫に腫れと痛みが出始めました。幸い大事には至っておりませんが、オーナーサイドと協議の結果、現役を引退し種牡馬入りすることが決まりました」と説明した。

 同馬は父ハーツクライ、母ピラミマ(父アンブライドルズソング)の血統で16年9月にデビュー。2戦目の同10月に初勝利、翌17年の共同通信杯で重賞初制覇を飾ると、日本ダービー2着とクラシックでも活躍。昨春はUAEに遠征し、ドバイ・シーマクラシックで3着になった。通算19戦6勝(うち海外1戦0勝)。重賞はG1・2勝を含む5勝。

競馬

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×