【日本ハム】1軍キャンプ地の名護で球団公認の後援会が設立

「名護ファイターズクラブ後援会」設立総会(カメラ・小島 和之)
「名護ファイターズクラブ後援会」設立総会(カメラ・小島 和之)

 日本ハムの1軍キャンプ地の沖縄・名護で、球団公認の「名護ファイターズクラブ後援会」が28日、設立された。この日までに球団の承認が得られ、名護市内で設立総会が行われた。

 北海道外で球団公認の後援会が設立されたのは、香川・丸亀と富山・南砺に次いで3件目。活動内容はチーム支援の広報宣伝や、団体でのオープン戦、公式戦の応援観戦などとなる見通し。現在の会員数は51名だが、今後120名を目指して活動を行っていく。事業計画書では、設立目的として「名護がファイターズのキャンプ地であることを、市民もファイターズも誇りに思えるような活動を行ってまいります」としている。

 設立総会に出席した同会の副会長を務める宮城リーミさんは「これから、各地の後援会の方々との交流が進むことを願っています。ファイターズ、今年は日本一になるぞ!」と呼びかけた。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請