【日本ハム】宮西が異例の打撃投手調整…対打者の感覚「半分以上は戻った」

名護での先乗り自主トレで打撃投手を務めた日本ハム・宮西(カメラ・小島 和之)
名護での先乗り自主トレで打撃投手を務めた日本ハム・宮西(カメラ・小島 和之)

 日本ハムの宮西尚生投手(34)が28日、参加中の沖縄・名護での先乗り自主トレで、キャンプイン前では異例の打撃投手を務めた。大田と鶴岡に対して、「半分くらい」の力の入れ具合で内角、外角を投げ分けながら約60球を投じた。対打者の実戦感覚を取り戻すことが狙いと明かし、「今日で試合勘というか、実戦感覚は一気に半分以上は戻った。打者が立った時のストライクゾーンの感覚や、打者が振ってくる感覚を手っ取り早く養いたかった」と語った。

 春季キャンプは調整を一任されているため、沖縄・国頭村での2軍スタート。「ケアをしながら、(練習の)強度を上げて入りたい」と、ベテランらしく自分のペースで状態を上げていく。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請