【DeNA】育成新外国人最速154キロのディアス「ハマの石直球」だ

入団会見を行ったDeNAの育成の新外国人のデラロサ(左)とディアス
入団会見を行ったDeNAの育成の新外国人のデラロサ(左)とディアス

 DeNAの育成新外国人フランディー・デラロサ内野手(24)、=188センチ、92キロ、右投両打=、ジョフレック・ディアス投手(20)=191センチ、93キロ、左投左打=が28日、横浜市内で入団会見を行った。年俸はともに240万円(金額は推定)。デラロサの背番号は108。ディアスは109。

 2選手は昨年11月中旬、ドミニカ共和国で開催したトライアウトに合格。ベネズエラ出身のディアスはプロこそ経験ないが、最速154キロの剛球左腕。ニックネームを聞かれ「ラ・ピエドラ。(石の意味)。ベネズエラの石と呼ばれたい」と説明。「石」とは中南米の野球界では剛速球の意味。「石直球」は阪神などで活躍した呉昇恒投手の愛称だった。ディアスも「ハマ石直球」となれる潜在能力がある。

 ドミニカ共和国出身のデラロサは過去マイナー通算3球団に在籍。通算373試合で打率2割4分5厘、19本塁打、165打点。「内野はどこでも守れるが二塁が本職」と意気込んでいた。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請