【神戸】元スペイン代表FWペドロ獲得へ 関係者「リストには入ってます」

スポーツ報知

 神戸がイングランド・プレミアリーグ・チェルシーの元スペイン代表FWペドロ・ロドリゲス(32)の獲得に乗り出していることが27日、分かった。今夏でクラブとの契約が満了するウインガーに関して、クラブ関係者は「リストには入ってます」と調査を行っていることを明かした。

 ペドロはスペイン1部バルセロナの下部組織を経て、08年1月にトップデビュー。鋭いドリブルでサイドを切り裂くプレーが特徴で、元スペイン代表イニエスタや昨季で現役を引退した元同代表FWビジャらと共に多くのタイトルを獲得し、15―16年シーズンからはチェルシーに所属している。A代表では10年南アフリカW杯メンバーに選出され、初優勝に貢献した。

 今季、神戸に新加入した外国籍選手はFWドウグラスのみ。すでに外国人枠いっぱいの5選手を擁するが、欧州のシーズンが終わるタイミングに向けて準備を進めている。スペイン紙「スポルト」でも、スペイン1部セビリアなど複数のクラブが興味を示すなか「最も印象的なオファーはヴィッセル」と報じている。同紙によるとチェルシーは必要な戦力としており、本人も欧州でのプレーを希望しているというが、バルサ・スタイルを熟知するペドロが加わればチームに与える影響は絶大だ。

サッカー

×