【日本ハム】横尾が休日返上で自主トレ「雑草魂」で飛躍誓う

休日返上で打撃練習を行う横尾
休日返上で打撃練習を行う横尾

 キャンプ地、沖縄・名護で先乗り自主トレに参加中の日本ハム・横尾俊建内野手(26)が27日、休日返上で室内でのマシン打撃などを行った。

 日大三高、慶大とアマ球界ではエリート街道を歩んできた横尾だが、プロ4年目となった昨季は78試合で打率1割8分8厘、3本塁打、13打点と低迷。危機感を募らせた1年だったようで、「高校1年の時には絶対にレギュラーになれないと思って、そこから頑張り、レギュラーになれた。大学では1年から試合に出ていたのに、1、2年の頃は打率2割台。これじゃプロに行けないと思って、3年生から死ぬ気でやった。僕としては、プロではそれ(人生の壁)が今なんです」と力を込めた。

 年明けにはソフトバンク・内川と合同自主トレを行い、球界屈指の打撃技術を目の前で学んだ。昨秋から取り組む打撃のイメージについても「自分が考えているのはこれだな、と思えている」と手応えがある。今季はビヤヌエバが加入し、三塁の定位置争いは激しさを増すが「今年は勝負の年。雑草魂で、食らいついていきたい」と語った。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請