【日本ハム】有原航平、大黒柱への覚悟「みんなを引っ張っていけるように」

有原航平
有原航平

 日本ハムの有原航平投手(27)が26日、投手陣の精神的支柱になることを誓った。千葉・鎌ケ谷の2軍施設で今季初ブルペン入り。捕手を立たせ感触を確かめるように10球程度を投げ込んだ。「とりあえずスパイクを履いて、傾斜でどんな感じで投げられるのか試して投げた。順調には来ているかなと思います」と上々の感覚を口にした。

 責任を背負う覚悟がある。オフの間に、34歳のベテラン・宮西から投手キャプテン就任を間接的に打診された。個人の結果だけでなく、投手陣全体のことを考える立場。引き受けるかどうかは「なんとも…」と濁したが、「困ったら“宮西顧問”に助けを求めます」と就任へ前向きな思いも示した。「そういう立場になってきているのは間違いない。みんなを引っ張っていけるようにやっていかないといけない」と自覚は十分ある。

 今オフにもポスティングシステムによる米球界挑戦を希望する右腕。2月1日のキャンプインから開幕へギアを上げるつもりだ。「大事な試合で勝ったり、苦しい時に力を発揮できるように、練習から心がけていかないとみんなを引っ張れないので」。姿勢、言動、そして成績。全てでチームを支えていく。(秦 雄太郎)

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請