HIRO、文化パート監督の東京五輪聖火引継式リハーサルに参加「日本代表として恥ずかしくないものを」

EXILE・HIRO(左)と森喜朗氏
EXILE・HIRO(左)と森喜朗氏

 EXILE HIRO(50)が26日、千葉・幕張メッセで、自身が監督を務める「東京2020オリンピック聖火リレー 聖火引継式東京2020文化パート」の公開リハーサルに参加した。3月19日にギリシャ・アテネのパナシナイコ競技場で開催される式典に向け、演じる小中高生140人の姿に「笑顔と子供の持つパワー、エネルギーを感じることができて未来につながると思う」と手応えをにじませた。

 約10分間のパフォーマンスのうち、この日は冒頭3分間が公開された。宮崎・高千穂の天岩戸伝説とギリシャ神話、また日本の様々な祭りなどの要素とストリートダンスを織り交ぜ「不屈の精神」「創造と革新」「未来への希望」をテーマに3部で構成。3月12日に古代五輪の聖地ギリシャ・オリンピア遺跡のヘラ神殿跡で採火され、ギリシャ国内をリレーした後に行われる聖火引継式。「神聖なことであると意識して、日本代表として恥ずかしくないものを」と込めた思いを明かした。

 昨年10月にギリシャを訪れ、本番会場を視察したという。「野外なので風の強さだったり、天候もある。照明がまったく使えない状況なので、昼に映えるような作りになっている」。全員が集まってのリハーサルは、この日で4度目。現地での本番パフォーマンスに思いをはせる一方で「日本の皆さんにどう見ていただけるか、映像でのカット割りにもこだわりたい」と語った。

 参加する子供たちは、所属事務所「LDH JAPAN」が全国で運営するスクール「EXPG」の生徒からオーディションで選抜し、サポートメンバーを含めて総勢216人になる。ともにリハーサルを見守った大会組織委員会の森喜朗会長(82)は「ギリシャの皆さん、ゼウスの神様も喜んでもらえると思う」と目尻を下げた。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請