【日本ハム】近藤、東京五輪は意識せず「まずは開幕へ向けて」

名護での先乗りキャンプで打撃練習を行う日本ハム・近藤
名護での先乗りキャンプで打撃練習を行う日本ハム・近藤

 日本ハムの近藤健介外野手(26)が26日、参加中の沖縄・名護での先乗りキャンプで室内での打撃練習などを行った。

 打撃面では好不調の波をなくすことをテーマに、自主トレ期間は鹿児島・徳之島や名護で自主トレを重ねてきた。合同自主トレを行った広島・西川ら他球団の選手からも積極的に打撃理論を吸収したといい、「聞いたことを試しながら、それが合うのか、合わないのかは試合になってみてからですね」と、2月1日のキャンプインを心待ちにした。

 今夏には東京五輪が控えており、昨年のプレミア12で世界一に貢献した近藤は代表候補の一人。しかし「まずは開幕へ向けて。そこを意識しながらやっていきたい」と、まずはベストの状態でシーズンに入ることを優先する考えを明かした。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請