37歳福士加代子、昨年に続く途中棄権…3月名古屋ウィメンズを見据えてのリタイアか

スタート直後にトラックで力走する福士加代子(中)
スタート直後にトラックで力走する福士加代子(中)

◆陸上 第39回大阪国際女子マラソン(26日・ヤンマースタジアム長居発着)

 日本陸上界初の5大会連続五輪を目指す福士加代子(37)=ワコール=が、25キロ付近で途中棄権した。先頭集団から離された22キロ付近で、沿道の観客に向かって「やめるわ」と笑顔で話し、その後スピードを落として係員に棄権を申し出た。けがをした様子はなく、3月の名古屋ウィメンズマラソンを見据えてのリタイアと見られる。

 昨年大会でも転倒して顔や両膝から流血し、35キロ付近で途中棄権。今回は「調子はいいが、自信はない。あわよくば勝ちたい」と話していたが、残念な結果に終わった。

スポーツ

報知ブログ(最新更新分)

一覧へ
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請