【巨人】阿部2軍監督、まさかのワンバン始球式…伊江島で第1回「阿部杯」

大会に優勝旗を贈呈する
大会に優勝旗を贈呈する

 巨人の阿部慎之助2軍監督(40)が25日、ファームキャンプの総キャプテン化計画を明かした。投手も野手も特定のリーダーを置かず、全員に自立を促す目的。「みんながキャプテンだと思ってやってほしい。そうすれば自然と周りを見る」と期待。調整遅れでキャンプインした選手は、自覚の欠如と見なし、4日の紅白戦に起用しないことも明言した。この日は、自身が観光親善大使を務める沖縄・伊江島を訪れ、「第1回 阿部慎之助杯争奪 国頭地区中学校軟式野球大会」の開会式に出席した。

 沖縄北部地区の中学校軟式野球部が15校集まり、沖縄・伊江島で「第1回 阿部慎之助杯争奪 国頭地区中学校軟式野球大会」が開催された。オープニングゲームの舞台は、阿部2軍監督が設計に携わった「伊江村野球場」だ。開会式では「けがを恐れずハッスルで、精いっぱい最後まで頑張ってほしいと思います」とスピーチし、その後の始球式ではまさかのワンバウンド投球でスタンドを笑わせた。

 2月2日が決勝戦で、上位2チームは沖縄県大会へ進む。さらに県大会も勝ち抜くと、夏に横浜スタジアムで行われる「全日本少年軟式野球大会」への出場権を得られる。阿部2軍監督は「この15チームの中から、横浜スタジアムに行くチームが出ると信じています」と激励した。

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請