青学大のVパレードに3万人「皆さまの応援のお陰」裏では来年に向けた走り込みも

キャンパスのある淵野辺駅前で優勝パレードし、笑顔で手を振る青学大・原監督(手前)と選手たち
キャンパスのある淵野辺駅前で優勝パレードし、笑顔で手を振る青学大・原監督(手前)と選手たち

 第96回箱根駅伝で2年ぶり5度目の優勝を飾った青学大が25日、相模原市内でパレードを行った。原晋監督(52)が「3万人(原監督推定)の皆さま、お待たせしました。皆さまの応援のお陰で優勝できました」とあいさつすると大歓声が湧き上がった。パレードの後には東京・町田市内の選手寮で4年生を送る卒部式が行われた。「1年前は早く退寮したいと思っていたけど、今は寂しい」と鈴木塁人は感慨深い様子で話した。

 パレードや卒部式の裏では第97回箱根駅伝に向けて地道に走り始めている。この日も朝練習で約10キロ、本練習で約20キロ、計30キロを走破。2区で日本人1年生最高タイムをマークした岸本大紀らは英語のTOEIC受験のため、パレードを欠席した。新主将の神林勇太(3年)は「勝ってかぶとの緒を締めよ、という気持ちで頑張ります」と引き締まった表情で話した。(竹内 達朗)

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請