東京マラソンへの調整練習で大迫傑がドバイ出場 予定通り25キロ付近まで

大迫傑
大迫傑

 陸上の男子マラソン日本記録保持者の大迫傑(28)=ナイキ=が24日、ドバイマラソン(UAE)に出場した。公式アプリで「練習でドバイマラソン20~25kはしります!!(原文まま)」と表明していたとおり、25キロを走破してペースダウン。1時間14分18秒(記録は全て速報値)だった。

 現地時間午前5時55分という薄暗い中でスタートしたレース。大迫は先頭集団後方で5キロを14分42秒で通過。10キロも29分38秒と、この間の5キロも14分56秒と1キロあたり3分を切るペースで確実に刻んだ。

 10キロ以降は先頭集団からやや遅れ、15キロはトップと31秒差の45分1秒。しかし、ここから大迫は20キロまでの5キロを14分28秒という驚異のペースアップでカバーして先頭集団へとカムバック。ハーフ地点を1時間2分43秒で通過した。

 25キロを1時間14分18秒で通過して退いた。3月1日の東京マラソンへ、順調な仕上がりを見せた。

 以下、大迫の通過タイム。(カッコ内はその間の5キロ)。

5キロ=14分42秒

10キロ=29分38秒(14分56秒)

15キロ=45分1秒(15分23秒)

20キロ=59分29秒(14分28秒)

ハーフ=1時間2分43秒

25キロ=1時間14分18秒(14分49秒)

スポーツ

報知ブログ(最新更新分)

一覧へ
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請