【女子野球】元西武の清家政和氏が新規参入「GOOD・JOB」の監督に「女子野球界の発展に貢献したい」

GOOD・JOB女子硬式野球部の監督に就任することになった清家政和氏(左、右は瀧代表)
GOOD・JOB女子硬式野球部の監督に就任することになった清家政和氏(左、右は瀧代表)

 女子硬式野球リーグ「ヴィーナスリーグ」(報知新聞社など後援)参入を目指す企業チーム「GOOD・JOB」(横浜市)は24日、西武などで活躍した清家政和氏(60)が監督に就任すると発表した。

 「GOOD・JOB女子硬式野球部」は、スポーツ運営管理や漫画、劇画の企画・制作などを行う同名の企業が、18年の男子硬式野球部に続いて今春創部する、神奈川県内で初の企業チーム。元日本代表「マドンナジャパン」の吉井萌美(26)や、女子プロ野球リーグを昨年退団した御山真悠(23)、岡田桃香(19)の入団が決まっている。

 清家氏は、西武や阪神などで内野手としてプレーした後、西武や韓国プロ野球で指導した経験を持つ。「今までプロの世界で培った指導力を生かし、女子野球界の発展に貢献できるよう頑張ります。笑顔あふれる最高のチームを作り日本一を目指します」と意気込みをみせている。

 選手は同社に勤務しながら、午前中に練習を行う。チームでは引き続き選手を募集しているという。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請