東出昌大主演の「ケイジとケンジ」公式ツイッターに厳しい意見が集中「検事が不倫で別居中の俳優って、もう見る気しない」

スポーツ報知
東出昌大

 不倫が報じられた俳優の東出昌大が桐谷健太とダブル主演のテレビ朝日系連続ドラマ「ケイジとケンジ 所轄と地検の24時」(木曜・後9時)の公式ツイッターに今回の不倫報道について視聴者から様々な反響が書き込まれている。

 同ドラマは、横浜を舞台に、刑事と検事がタッグを組みながら難事件に挑んでいく物語。東出は、東大法学部を卒業し司法試験にも合格した横浜地方検察庁の検事・真島修平役。桐谷は、元体育教師で腕っぷしが強く感情豊かだが勉強が苦手の神奈川県警の刑事・仲井戸豪太を演じる。初回の平均視聴率は12・0%(ビデオリサーチ調べ。関東地区)と好スタートを切ったが23日放送の平均視聴率は9・7%へダウンした。

 番組スタートを告知する今月9日に更新したツイートには「ケイジとケンジ楽しみです 桐谷健太さんと東出昌大さんのW主演お二人とも好きなので活躍を期待してますドラマすごく楽しみです」。「刑事と検事、初回楽しく拝見しました ラストまで楽しみにしているので頑張ってください」。「録画してます!バタバタしててまだ見てませんでも必ず見ます!」などと期待の声や初回放送を楽しんだ意見など好評な書き込みが多かった。

 しかし、不倫報道後に「検事が不倫で別居中の俳優ってもう、見る気しない」。「桐谷さん可哀想 桐谷さん好きで録画して見てたのに 東出見たらムカついて頭に内容が入ってきません 今からでも東出降板させて他の役者さんでやってほしい面白いのに…スポンサーの商品も買いたくなくなる」。「正義を語る検事が未成年不倫なんて気持が悪くて見られません。ドラマ自体は面白そうなので東出さんを降板させて代役をたてるか、なんらかの対処をお願いします。テレ朝としてもこの人をワンクール出し続けるのは悪手だと思います」。「俳優の交代を希望します。ドラマとリアルは違うと思うけど、やっぱりリアルが悪いと何をみても面白くないです ほかの俳優さんが気の毒」。「妻子居て不倫を平気でしてる東出 登板、変更して下さい!父として男として最低です。杏さんを思うと胸が痛みます。不倫での注目で視聴率あがるなんて放送側は思わないで下さい」。「東出さんの不倫で番組関係者ともとか考えてしまうのが嫌だから見るの辞めます」。「大事な人を苦しめてる人のドラマなんて見ない」など厳しい意見が集中している事態となっている。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×