将棋の谷川九段が順位戦B級1組から降級 17歳以来40年ぶりのB級2組へ「気持ちを入れ替えて」

順位戦B級1組から降級した谷川浩司九段
順位戦B級1組から降級した谷川浩司九段

 将棋の谷川浩司九段(57)が23日、東京都渋谷区の将棋会館で行われた順位戦B級1組・千田翔太七段(25)戦に先手番で敗れ、今期2勝9敗となり、来期のB級2組への降級が確定した。谷川九段は順位戦の頂点に立つ名人を5期獲得し、十七世名人の資格を持つ。

 今期順位戦で勝ち星を伸ばせていなかった谷川九段は、残り1局に勝利しても下位2人の降級枠から脱することはできないため、陥落が確定した。

 局後は「勝負の世界ですから成績が悪ければクラスが落ちるのは当然のこと。ちょっと連敗が続いて内容もよくなかったので、今期の結果は致し方ないと思います」と述べ、来期について「4月までに余程の心境の変化が無ければ、B級2組で指すつもりです。気持ちを入れ替えてやりたいと思います」と抱負を語った。

 過去、永世名人資格者は順位戦でA級からB級1組、あるいはB級1組からB級2組に降級するとフリークラスに転出するのが通例。有資格者として初めてB級2組で指す谷川九段は、美学よりも執念を選んだことになる。

 谷川九段は1976年、加藤一二三に次ぐ史上2人目の中学生棋士として14歳でデビュー。最速・最短の手順で相手玉を寄せるスタイル「光速の寄せ」を武器に順位戦を6年で駆け上がり、83年に史上最年少の21歳で名人となった。

 90~2000年代は宿敵の羽生善治との激闘を繰り広げ、97年には5期目の名人を獲得して永世名人(十七世名人)資格保持者となった。タイトル獲得27期は羽生善治、大山康晴、中原誠に次ぐ史上4位を誇る。

 順位戦ではA級に史上3位の32年連続(名人5期含む)で在位したが、2014年に降級。以降は「鬼の棲み家」と称されるB級1組で最年長棋士として6期戦ったが、今回ついに陥落となった。

将棋・囲碁

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×