【ヤクルト】ドラ1奥川の2軍キャンプスタートが決定 スタッフ会議で振り分け

室内練習場でノックを受けるヤクルト・奥川
室内練習場でノックを受けるヤクルト・奥川

 ヤクルトは23日、都内の球団事務所でスタッフ会議を行い、今春のキャンプの1、2軍振り分けなどを決めた。新人では右肘の軽い炎症でノースロー調整中のドラフト1位、奥川は宮崎・西都で行われる2軍、同2位の吉田喜、3位の杉山、4位の大西は沖縄・浦添での1軍スタートが決まった。最終的なメンバーは24日に発表される。

 高津監督は「奥川は今、現時点でノースロー調整が続いていますので、(1軍には)投げられるメンバーを連れて行こうと、今回は西都スタートになりました。段階をしっかり踏んで、投げる準備をしっかり作って、徐々に始めてくれたらいいと思います」と説明。また、2年目の中山、浜田の初の1軍スタートも明らかにした。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請