近藤春菜、不倫報道の東出昌大に辛らつ「東出さんが苦しいのは正直どうでもいい。自業自得」

東出昌大
東出昌大

 23日放送の日本テレビ系「スッキリ」(月~金曜・前8時)で、俳優の東出昌大(31)が22日の「週刊文春デジタル」に、妻で女優の杏(33)との別居が報じられたことを特集した。

 「週刊文春デジタル」では、1月上旬から東出が都内の一軒家を出て、単身マンションで暮らしていると報じている。東出の所属事務所が報道各社に当てたコメントでは「今回の記事に関して本人に確認いたしましたところ書かれている事柄はほぼ事実と判明しました」と説明。「これらのことは東出の愚かさ、未熟さ、責任感の欠如が引き起こした事柄だと思います。どのように非難されても弁解の余地はありません」とつづった。

 さらに所属事務所は「現在、本人はこのような事態になったことに対して責任の重さ、失ったものの大きさを実感しひたすら後悔に苛まれ苦しんでおります」とコメント。「しかしながら失われた信頼を回復するには気の遠くなるような時間と努力が必要だと思います」とした。

 そのうえで「ただ今回の別居は離婚へ向かうものではなく、なんとか修復へのステップを踏むための冷却期間と聞いております」と説明。「厳しい道とは思いますが、東出が夫として、父としてもう一度家族を再生するために自らの生き方、姿勢を含めてその証を示してゆくしかないと思います。弊社としてはその道程を厳しく見守ってゆく所存です。どうかご理解を賜りますようお願い申し上げます」と締めくくった。

 また、不倫相手と報じられた女優・唐田えりか(22)の所属事務所が22日深夜、ファクスでコメントを発表した。

 同事務所は「今回の報道を受け、本人は軽率な行動を深く反省しております」と説明。「自身の弱さ、愚かさ、甘さを深く受け止め、向き合いたいと思っています」とつづった。

 「事務所と致しましては、2度とこのようなことがないよう、皆様の信用取り戻せるよう、厳しく指導して参ります」と猛省を促す方針。「今後ともご指導ご鞭撻(べんたつ)のほど、よろしくお願い致します。誠に申し訳ございませんでした」とした。

 スタジオで「ハリセンボン」の近藤春菜は、東出がファックスのコメントで「ひたすら後悔に苛まれ苦しんでおります」とつづらていたことに「違和感を感じてしましました」とし「3年という期間不倫関係にあって、それって魔が差していってしまったという期間ではない長い期間だと思う」と指摘した。

 さらに「報道によると杏さんが妊娠中だった、ってなると。一番苦しいのは杏さんだと思う」と主張し「キツイ言い方ですけど自業自得だったにも関わらず東出さん側から苦しんでいるっていう表現をしてほしくなかった。苦しんでいるのは杏さん。杏さんとどう向き合って、どう謝罪して真摯に世間のみなさんと向き合っていくかって言う言葉がほしくて、苦しいっていう言葉は一番使っちゃいけない。東出さんが苦しいのは正直どうでもいい」と断じていた。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請