馬トク会員募集中!

馬トク指数・外厩入り馬トク出馬表・成績

注目レース:  中山記念G2 阪急杯・G3
全レース出馬表・データ・成績を提供中  中山 阪神 中京

細かな次走をお伝えします(栗東)

 こんにちは、山本です。本日は栗東からのパッチパチ。ではでは、行ってみましょうか♪

 さて、一部では勝手に「恒例」と名付けられているようですが、今年も記者仲間同士の海鮮慰安旅行に行ってきました。最近は幹事を任せているS社のSクンの勢いに任せ、トントン拍子で進んだ感じですが、今年も福井県の日本海側にある民宿を中心によく食ったこと。昼はソースカツ丼(ボリューミー!)&越前そばに始まり、夜は宿でふぐのフルコース(初体験のふぐのたたきに舌鼓)&舟盛り(ヒラメ&ブリは特にGood)。翌日は金沢に移動しての金沢カレー&市場巡り(生のボタン海老&カキを堪能)を経て、最後はSクンが熱望していたぼたん鍋(カレのお目当てはイノシシではないんですが…)のある丹波篠山まで、まぁ、計10時間以上、ドライバーのワタクシはよく運転したものです。

 まぁ、相変わらず民宿というのはすごい。よく食べるメンバーがそろっているのに、舟盛りを食べ切れずに、部屋に持って帰ったほど。それを酔いつぶれていたはずのSクンが深夜3時に突然起きて、再び食べ始めたのには驚きましたが…。あと、少ししか立ち寄れなかったけど、久々に訪れた金沢の変貌ぶりには驚いた。こりゃ、観光客が集まるのも納得ですわ。ここは是非とも、もう一度ゆっくり行ってみたい土地です。ということで、実は今季、もう一度やらないかと独身貴族のSクンとは話をしているところ。申し訳ありませんが、再びどーでもいい「よく食べた話」にお付き合いしてもらうかもしれません。

 ということで、そろそろ本題へ。栗東の細かな次走を中心に見ていきましょう。

 まずは友道厩舎。先週の新馬を勝った【アドマイヤビルゴ(牡、父ディープインパクト)】と【スペードエース(牡、父ワールドエース)】は次走こそ未定なんですが、京都開催はパスして、春の阪神開催に備えるとのこと。肉体的な成長が大きく見込めるビルゴに、6月の遅生まれのスペード。この2頭を友道厩舎がどう成長させていくか、ですね。先月の未勝利を勝った【ヴァルコス(牡、父ノヴェリスト)】はセントポーリア賞へ、朝日杯FSで5着以来、休養している【ジュンライトボルト(牡、父キングカメハメハ)】はつばき賞での復帰を予定しています。

 矢作厩舎では本日、ドバイシーマクラシックへの挑戦が発表されたラヴズオンリーユーの全妹、【ラヴユーライヴ(牝、父ディープインパクト、母ラヴズオンリーミー)】のお話を少しだけ聞きました。入厩の時期まで、もう少しのようです。「この時期に入れるということは、ゲートだけというわけにはいかないだろ。そのために、もう少し乗り込んでいる。良くなってはきているけどね」と矢作調教師は説明してくれました。POG的には厳しい情勢ですが、これだけの血統馬、じっくりと待ちたいですね。京成杯で5着の【キングオブドラゴン(牡、父ハーツクライ)】は梅花賞への転戦を視野に入れているようです。さらに、カトレア賞5着以来、休養していた【ダノンファラオ(牡、父American Pharoah)】は来週の平場、東京ダート1600メートルで2勝目を狙うようです。

 続いてはオールドルーキーの玉木記者からの情報提供になります角居厩舎の情報を。千両賞で5着だった【ヴィースバーデン(牝、父ディープインパクト)】は引き続き、和田JでエルフィンSを予定しています。ホープフルSで7着だった【ブルーミングスカイ(牡、父ディープインパクト)】は福永Jで梅花賞に参戦。あと、来週の京都芝2000メートルで【ワイドソロモン(牡、父エピファネイア、母ドリームライター)】がデビューするようです。鞍上はシュタルケJ。

 昨年末の阪神での平場、芝1800メートルで3着だった【レザネフォール(牡、父キングカメハメハ)】は鮫島克Jとのコンビであすなろ賞へ向かいます。あと、中内田厩舎で以前にも書いた【ダノンレガーロ(牡、父ディープインパクト、母キングスローズ)】は放牧に出されたとのこと。成長を促すという感じですね。

 ということで、今日はここまで。また、明日です。ではでは

競馬

報知ブログ(最新更新分)

一覧へ
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請