【甲府】MF小椋祥平が現役引退「本当に16年間ありがとうございました!」…水戸、横浜M、G大阪、山形にも在籍

引退を発表した小椋祥平
引退を発表した小椋祥平
2019年11月、今季限りの契約満了が発表された甲府MF小椋祥平は、ゴール裏のサポーターへ向けてあいさつ
2019年11月、今季限りの契約満了が発表された甲府MF小椋祥平は、ゴール裏のサポーターへ向けてあいさつ

 J2甲府は22日、昨季限りで契約満了となり退団したMF小椋祥平(34)の現役引退を発表した。

 千葉県出身の小椋は修徳高から2004年に水戸へ入団。横浜M、G大阪、山形にも在籍し、17年に練習生から甲府入り。ボール奪取力に優れたボランチとしてチームを支えた。J1通算190試合3得点、J2通算172試合6得点、J3通算14試合0得点だった。

 小椋はクラブを通じ「水戸ホーリーホック、横浜F・マリノス、ガンバ大阪、モンテディオ山形、ヴァンフォーレ甲府の選手、スタッフ、関係者の皆様、本当にありがとうございました。小学校、中学校、高校と指導してくださった先生、監督、コーチの皆様、ありがとうございました。現役中にスパイク等のサポートをして頂いたNIKE様、GAVIC様、ありがとうございました。そして、在籍したすべてのクラブのファン、サポーターの皆様、熱い応援ありがとうございました」と感謝の言葉を並べた。

 今後については自身のインスタグラム、Facebookなどで随時発信していくという。「引き続き小椋祥平をよろしくお願いします。本当に16年間ありがとうございました!」と結んだ。

引退を発表した小椋祥平
2019年11月、今季限りの契約満了が発表された甲府MF小椋祥平は、ゴール裏のサポーターへ向けてあいさつ
すべての写真を見る 2枚

サッカー

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請