「現役ドラフト」今季導入の方向性一致…NPBと選手会が協議

東京ドーム
東京ドーム

 日本野球機構(NPB)と日本プロ野球選手会の事務折衝が22日、都内で行われ、出場機会が少ない選手の移籍活性化を目的とした「現役ドラフト」(仮称・ブレイクスルードラフト)について、今季から実施することで方向性が一致した。

 NPB側は前日21日の実行委員会で取りまとめた案を選手会に提示。8月開催、対象人数は1球団8人を骨子とした案とみられる。選手会の森事務局長は「基本的に実現の方向に向かっていると手応えを感じている」と説明。今後は2月のキャンプで各球団の選手の意見を聞き、NPB側に返答する。

 NPB側の選手会関係委員会・谷本委員長(阪神)は「お互いの理解は深まっている」と今季の制度導入に向けて好感触を口にした。この日、最終的な合意にまでは至らなかったが、今季からの制度実施に大きく前進した。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請