【アメリカJCC】ステイフーリッシュは坂路で52秒1 ルメール「頑張ってくれそう」

ルメール騎手を背に併せ馬で坂路を駆け上がるステイフーリッシュ(中)。右はパンサラッサ
ルメール騎手を背に併せ馬で坂路を駆け上がるステイフーリッシュ(中)。右はパンサラッサ

◆アメリカJCC追い切り(1月22日、栗東トレセン)

 アメリカJCC・G2(1月26日、中山・芝2200メートル)に出走するステイフーリッシュ(牡5歳、栗東・矢作芳人厩舎)が22日、坂路で最終追い切りを行った。

 パンサラッサ(3歳1勝クラス)を4馬身追走。最後までしっかりとした脚いろを維持したまま、52秒1―12秒9で併入に持ち込んだ。前走のチャレンジC(10着)から中7週と間隔はあいているが、仕上がりは上々。初めてコンタクトを取ったクリストフ・ルメール騎手も「動きはよかったですね。切れないけど、長くいい脚を使って、頑張ってくれると聞いています」と好感触を口にした。

競馬

報知ブログ(最新更新分)

一覧へ
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請