SKE48・須田亜香里の初センター最新曲「ソーユートコあるよね?」が通算&連続22作目の1位に

 SKE48の最新シングル「ソーユートコあるよね?」が、週間売上28.9万枚を記録し、1月21日発表の最新「オリコン週間シングルランキング」(集計期間:1月13日~19日)で初登場1位を獲得したことが分かった。

 これで「シングル1位獲得作品数」は、「バンザイVenus」(2011年3月発売)から通算&連続22作目となり、女性グループ歴代3位の「通算1位獲得作品数」と「連続1位獲得作品数」の自己記録をそれぞれ更新した。

 2020年の第1弾シングルとなる本作は“ダンス”をテーマに、ユニークな歌詞とノリのいいレトロなダンスサウンドが魅力の楽曲。ミュージックビデオでは、名古屋・栄のSKE48シアターをイメージした街並みをバックに、振り付けを担当したDA PUMPのTOMO(38)、U-YEAH(36)、KENZO(34)、DAICHI(31)考案による、愛知県特有の伝承遊びでゴム跳びの動きをイメージした“ケンロップダンス”など、弾けるダンスパフォーマンスを披露している。また、加入から10年目を迎えた須田亜香里(28)が初のセンターを担当していることも話題の作品となっている。

 同グループは、単独アリーナコンサートを来月2月15日に静岡・エコパアリーナ(昼・夜の部)、3月15日に神奈川・横浜アリーナ(昼の部)で開催。さらに横浜アリーナ公演夜の部では、昨年10月に卒業を発表したメンバー・高柳明音(28)の卒業コンサートを開催する。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請