白血病公表の北別府学氏がブログでコメント「カープの日本一を見届ける為に必ずや復活します」

北別府学氏
北別府学氏

 元プロ野球広島のエースで、野球解説者の北別府学氏(62)が、「成人T細胞白血病」のため今後、骨髄移植を行う予定であることを20日、所属事務所が発表。北別府氏も同日、自身のブログを更新し、病気の経過や復帰への思いをつづった。

 北別府氏は「皆様へ」と題したブログで、「本日、私がコメンテーターを務めさせて頂いている広島ホームテレビの5up!にて皆様に病気治療のため暫くお休みをいただく旨お伝えしました。病名は成人T細胞白血病です」と報告。

 「昨年11月より急に白血球、異常細胞の数値が上がってきまして抵抗力が弱まってきたという状態ですが、自分でもこの様な病気だと自覚出来ないような普通に生活ができる様な健康状態でした」「しかし今回、検査の数値が右肩上がりで上がってきまして明日から化学治療(抗がん治療)に入り化学治療後、無菌室に入りま」と経過を記した。

 さらに「その治療を数回やり骨髄移植となるそうです。治療期間は3ケ月から半年ほどだと予測されますが個人差があるようです。この診断がくだったあと、暫くは何も手が付かない状態でしたが、年が明けてからやっと仕事の関係各位様にお知らせを済ませることが出来まして、それから少し気持ちも落ち着いてきました」と思いを吐露した。

 「化学治療が始まったら体調が悪くなり髪の毛も抜けると聞きました。暫くはブログの更新も出来なくなると思いますが、解説者としてカープの日本一を見届ける為に必ずや復活します。番組復帰、解説復帰、英数学館野球部のコーチ、北別府フェスタ、アジア各地での野球教室、仕事復帰を目標に頑張ります。孫にも野球を教えなければなりません」と病気克服への決意を示し、最後は「体調が良い日にはブログも更新できるかなと思います。うまく言葉が伝わっていないかもしれませんが、今後ともよろしくお願いします」と、ブログでの発信にも意欲を見せていた。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請