元広島のエース北別府学氏、成人T細胞白血病で骨髄移植へ 21日から広島県内の病院に入院

北別府学氏
北別府学氏
現役時代の北別府学投手
現役時代の北別府学投手

 元プロ野球広島のエースで、野球解説者の北別府学氏(62)が、「成人T細胞白血病」のため今後、骨髄移植を行う予定であることを20日、所属事務所が発表した。

 2年前の検査で判明し、月に1度の定期検診で経過観察をしていたという。昨年11月の検診から数値が上がってきたため、「医師と相談のもと明日より広島県内の病院に入院することになりました」と報告。今後の治療法について「化学療法を行いその後、骨髄移植を行う予定です」と発表した。

 「ファンの皆様ならびにご関係者の方々にはご迷惑、ご心配をおかけしまして大変申し訳ございません。復帰に向けなるべく早く皆様に元気な姿をお見せするように頑張りますので、これからも応援のほどよろしくお願い申し上げます」と所属のホリプロはコメントした。

 北別府氏は都城農から1975年ドラフト1位で広島入団。94年に引退するまでカープ一筋で通算213勝を挙げた。

北別府学氏
現役時代の北別府学投手
すべての写真を見る 2枚

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請