【巨人】原監督、一塁は日本人で競争「北村、山下、ナカジ」岡本は三塁固定

スタッフ会議の会場に入る原監督
スタッフ会議の会場に入る原監督

 巨人は20日、都内で1、2、3軍の全首脳陣、スタッフ、フロントが集まってスタッフミーティングを行った。

 昨年は5年ぶりにセ・リーグ優勝を果たしたが、日本シリーズではソフトバンクに4連敗して日本一を逃がした。

 この日の会場では、山口オーナーを中心に常勝球団構築、日本一奪回という目標を再確認。原監督も昨年掲げた「のびのび、はつらつ」の方針を継続させながら「厳しさを加えたい」と頂点への決意を見せた。

 スタッフミーティングでは投手、野手、ポジション別の細かい方針、目的意識も共有された。

 4番の岡本については守備力を高く評価して三塁で固定する方針を改めて掲げた。昨年は主に岡本、大城、阿部が守った一塁に関しては「北村くん、昨年(ファームで)首位打者をとった山下くん、ナカジ。あとは大城がどうなるか。最初はキャッチャーで競争させますけど」とレギュラー候補の名前を挙げた。

 現状、一塁を守れる外国人選手の補強をしていないことについて聞かれると、まずは日本人の現有戦力で競争を促すと明かした。ただ、厳しい目で見極めると強調し、外国人については「(調査を)お願いはしています。焦ることはない」とキャンプを通して日本人選手で一塁のレギュラーが出なかった場合、一塁の新外国人を補強して開幕に向かう可能性を示唆し、日本人選手に奮起を促した。

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請