【楽天】“アメリカンボディー”牧田和久、2年で5キロ増「重い。8キロやせたい」

 楽天の牧田和久投手(35)が19日、楽天生命の屋内練習場で自主トレを公開した。3年ぶりに日本球界に復帰するサブマリンは、米国での2年間で約5キロ体重が増えたことを告白。現在は93キロ程度の体重をベストの85キロ程度まで落とし、日本仕様への肉体改造を目指す。

 体重が増えすぎている自覚はあった。「やせたいですね。“アメリカンボディー”というか、ランニングや投げているときも体が重いなと思っていた」と明かした。原因は食生活とトレーニング。「出てくる量が違う。ステーキもそうだしポテトとかも。飲み物も思っているのとは違うLサイズが出てくる(笑い)。シーズン中でも投げ終わった後にウェートをやったり、トレーニングも違う。食生活から改善したい」と話した。

 節制の見本のような姿を見てきた。年明けは、42歳の阪神・福留とハワイで自主トレを行った。「意識が高く、目標を持っていれば、年齢に関係なくここまでできるんだと思った。ランニングでも自分より速いし、動きが若々しい。長くやれる秘訣(ひけつ)だと思う」。1年間戦う体力をつけると同時に、大きな刺激を受けてきた。

 現状ではリリーフで起用される見込みだが「任された場所で仕事をするだけ。自分の強みがあるので、しっかり出していきたい」と牧田。久米島春季キャンプでの1軍スタートも決定。思うような成績を残せなかった2年間を糧に、新天地で新たな輝きを見せる。(山口 泰史)

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請